【大学院】ピエール・ボナール展(国立新美術館)見学会

10月22日(月)
ピエール・ボナール展
@国立新美術館

bonnard.jpg

現在六本木の国立新美術館で開催されているピエール・ボナール展を見学しました。

IMG-3447.JPG

今回の見学に際しては、本ゼミの博士後期課程に在籍中の、ピエール・ボナールを専門に研究している吉村真が解説を行いました(写真)。

IMG-3452

ボナールのパートナーのマルトや飼い猫が描かれた作品など、親しみやすい主題の作品が多く並んでおり、近年日本でも人気の高いナビ派の芸術を堪能することができました。

展覧会の最後には、ボナールの作品中に登場する風景を、描かれなかった部分まで再現しようとするAIT『Art Immersion Technology』(日経イノベーション・ラボ(日本経済新聞社)、面白法人カヤックによる)が体験型展示が設置されています。

IMG-3463

部屋全体に絵画中の世界が映像によって拡張・投影され、見ているだけで実際に画家の視界を追体験できたように感じました。

現在在籍中のゼミ生は主にヨーロッパの近現代美術を研究していますが、それぞれの研究対象とも近い存在であるボナールについて各々学ぶことができました。

短い時間ではありましたが、充実した見学会となりました。

IMG_3473

 

[ 文責:山田茉委 ]

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中